F・μ・P~Futton(太川工事)・Music・Production~

作詞・作曲しています。ジャンルはJ-POPです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
1.20(日)は、いつもお世話になっている、東心斎橋のライブバー"Matilda"にて、これまたお世話になっている、yoshi@F.G.P主宰のイベント「FAMILY NIGHT vol.9」に出演だった。

このイベントは、隔月に一回、開催されている。

まずは一番手、私、安本照汚から。

出来たての新曲「未成人~重度の中二病患者~」から始まり、「青春の歌、ブルーマン」、「いのちの晩餐歌」、「私はトイレの神様を殺した」を演奏。
MCは、相変わらず何を言っているのかわからなかったが、世界観は打ち出せたのではなかろうか?
名前も戻し、唯一無二の存在を目指す。
最後は、「転換の歌」で次の哲さんに転換。

二番手、天満の哲。

実験的劇場?「音太小屋」のオーナー。
約三年ぶりに聴き、当時は飛び入りだったこともあり、本質を捉えることが出来なかったが、実に自然体でユーモア溢れる、フォークシンガーだった。
ピッチとかも、あまり気にしない感じの人なので、聴いているほうも、あまり気にならなかったりするのだ。
まさに飲みながら聴くにはもってこいの音楽。

三番手、「悠」とTANAKAZU。

女性ピアノ弾き語りとパーカッションのユニット。
楽曲の完成度も高く、技術力もあり、ユーモアな部分も持ち合わせ、これぞ音楽という感じだったが、アソコに"蜘蛛の巣"張っている発言がインパクトありすぎて、私の中では蜘蛛の巣女だ。
これまた、飲みながら聴くにはもってこいの音楽だった。

(飛び入りを挟んで)四番手、宇治達也。

西宮のハードフォークシンガー。
以前、一度聴いたことがあるのだが、その突き刺すような、飾り気なしの歌は衝撃的だ。
観に来てくれた、玉造本丸と同じような匂いがして、非常に好みである。
彼は、カート・コバーンの声が好きらしい。
当然、飲みながら聴くには最高の音楽だが、この時点で飲み過ぎていたのも事実。

以上、バラエティに飛んでいて、どこか共通点もありそうな4組で、良いイベントとなったのではなかろうか?


そして、1.24(木)は、毎度おなじみ「FAMILY OPEN STAGE」in 桃谷Anie。
今月のお題は、"成人"と"初詣"。(あくまで任意である。)3曲を演奏。

1.未成人~重度の中二病患者~(お題曲)
2.ちょっぴり切ないクリスマス(先月のお題曲)
3.日々のスタートライン(1年前のお題曲)

その後、稲田幸四郎と一緒にワントビことOneDropの飛び入りへハシゴし、2曲を演奏。

1.未成人~重度の中二病患者~
2.私はトイレの神様を殺した

初めましての三好リョウ氏と会う。
そして、よく知った奴らがいた。(ゴーティン、ゆえ子、アオタチ)
まえやん兄はんとも久々に会えてマッタリンな時間を過ごした。
あと、マスターのトールさんとも、久々で嬉しかったな・・。

以上、1月のレポートでした。
スポンサーサイト
このページのトップへ
さあ、2013年一発目の新曲が出来たので、歌詞を公開するとしよう。

そもそも、いつも行っている1.24の「FAMILY OPEN STAGE」(in 桃谷Anie)のお題"成人"、"初詣"で作った曲なのだが、1.20の「FAMILY NIGHT vol.9」(in 宗右衛門町Matilda)で先行してやってみようと思う。

こんな感じだ。

「未成人~重度の中二病患者~」

成人式には行かなかった
だから未成人
初詣に厄払いしたけれど
今も未成人

精神年齢14歳の
重度の中二病患者

存在意思がはっきりしなくて
ずっともがいていたんだ

TVゲーム
プラモデル
おにゃん子クラブ

バンドブーム
プロレスリング
深夜ラジオ

精神年齢14歳の
重症中二病患者

存在意義が見出だせなくて
ずっとあがいていたんだ

ミニシアター
自宅録音
アダルトビデオ

サブカルチャー
格闘技
中古レコード屋

(終わり)

曲調は、オーソドックスなロックです。

とりあえず練習で、まともに出来たことがないので、1.20までに、なんとか仕上げなければなりません。

という訳で皆さま、1.20(日)は是非とも、ミナミは宗右衛門町ライブバーマチルダのほうに遊びにいらして下さい。

charge\1000(1drink付)、start19:30頃です。

アタクシ、Futtonこと安本照汚が、お待ちしております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。 このページのトップへ
明けましておめでとうございます。

2013年も新曲作り等々、頑張って行きたいと思います!!

昨年は約一年間、「FAMILY OPEN STAGE」のお題で、新曲を13曲作りました。

2011年
12月「ギフト」、「キャンドルの勇者」
2012年
1月「日々のスタートライン」
2月「素直な気持ち」
3月「転換の歌」
4月「折られた眼鏡」
5月「夜のピクニック(天体観測)」
6月「長靴 blowin' in the wind」
8月「笑顔を探して」
9月「Thank you オツキミ」
10月「人生ゲーム~ライフ イズ ビューティフル~」
11月「ノーパン小春日和」
12月「ちょっぴり切ないクリスマス」

ブッキングやイベントのライブでも、ほとんど新曲ばかりでやりましたが、今年は、昔の曲も織り交ぜつつやっていこうと思います。

是非とも、お会いしましょう。

1.20は、心斎橋マチルダで待っております。

よろしくお願いいたします。 このページのトップへ

Information

Futton(太川工事)
  • Author: Futton(太川工事)
  • 別名:安本照汚。
    1972年生まれ、男性。
    大阪の音楽BARでライブをやって至福を得ています。
    そんな日々です。
    なんか文句ありまっか?

Search

Calendar

12 « 2013/01 » 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。